湘南ビーチFMが土曜日のサンセットタイムにお届けします


by sb-see

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
星空リビング
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

検索

ブログパーツ

最新の記事

1年間ありがとうございました!
at 2017-03-27 10:29
3月18日土曜日 妖精の日!..
at 2017-03-21 14:41
【2017年3月18日(土曜..
at 2017-03-18 23:45
【2017年3月11日(土曜..
at 2017-03-14 10:55
2017年3月4日
at 2017-03-07 19:55

外部リンク

画像一覧

【2017年3月18日(土曜日)「春分の日」】

宙の学校校長、プラネタリウム・プランナーのかわいじゅんこです。

今年は3月20日(月)が春分の日です。これは、「ハッピーマンデー」ではありません。その年によって20日になったり、21日なったりするのです。春分の日は、天の赤道(地球の赤道を天に延長したもの)が、黄道(太陽の通り道)と交わる春分点を、太陽が通り過ぎる時間を含む日とされています。
ちょっとややこしい?
では今、広い野原の真中に立って夜空を見上げているとしましょう。頭の上にはたくさんの星々が輝いています。星までの距離は様々ですが、非常に遠くにあるため、距離感は感じられません。ちょうど大きな球体の内側に貼り付けられているように見えるでしょう。この大きな球体を天球といいます。地球の回りにもう一つ大きな球体があるという感じです。
恒星だけでなく、太陽や月、惑星などもこの天球面を移動していくように見えます。地球はこの天球の中心に位置しています。そして、私達のいる野原の真中からは天球面のほぼ半分が見えているわけです。残りは地平線の下ですね。
ここまで想像できましたか?
地球の赤道をこの天球まで伸ばしたところが天の赤道です。地球から見ると太陽は1年かけて背景の星空に対して天球上を1周しているように見えます。この道が黄道。
黄道と天の赤道は、お互いが傾いているために2点で交わり、その交点のうちの一方を「春分点」、もう一方を「秋分点」と呼びます。そして、太陽が春分点・秋分点の上を通過する瞬間がそれぞれ「春分」「秋分」と定義され、「春分」「秋分」を含む日のことを、それぞれ「春分日」「秋分日」と呼ぶのです。地球の運行状態などが現在と変わらないと仮定して計算で予想するのです。
b0363818_23434798.png

地球の公転は、365日と約6時間かかりますので、毎年、春分点を太陽が通り過ぎる時間がずれていきます。それを計算するのは、国立天文台です。
計算しているので、春分点を通過する瞬間がわかります。今年の春分点通過は、19:29です。

なっちゃん、1年間ありがとう!お疲れ様でした!!!またね!!!!!

川柳 : 春分は 昼と夜が 半分こ 

[PR]
by sb-see | 2017-03-18 23:45 | 星空リビング | Comments(0)