湘南ビーチFMが土曜日のサンセットタイムにお届けします


by sb-see

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
星空リビング
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

検索

ブログパーツ

最新の記事

1年間ありがとうございました!
at 2017-03-27 10:29
3月18日土曜日 妖精の日!..
at 2017-03-21 14:41
【2017年3月18日(土曜..
at 2017-03-18 23:45
【2017年3月11日(土曜..
at 2017-03-14 10:55
2017年3月4日
at 2017-03-07 19:55

外部リンク

画像一覧

【2017年2月4日(土曜日)「カノープス」】

宙の学校校長、プラネタリウム・プランナーのかわいじゅんこです。

節分を迎え、今日は立春。
春ですねえええ。
みなさんは何か春の兆しを見つけましたか?
私は、逗子の河津桜、ご近所のしだれ梅、我が家のベランダにある葉ボタンをバリバリむさぼりに来るようになったヒヨドリ・・・。

星空では、カノープスがおすすめです。カノープスはりゅうこつ座の1等星で、シリウスの次に明るく、-0.74等です。す。りゅうこつとは船の底を船首から船尾までを貫く、背骨のような構造物です。アルゴー船という大きな星座を4つに分けたときにできました。
カノープスは、トロイア戦争時のスパルタ王メネラオスの船の水先案内人、操舵手の名に由来するという説があります。アルゴー船の船首に輝く星なので、まさに水先案内人なのでしょう。
もう一つ、エジプトでミイラを作るときに、カノープス壺というものを使用するようですが、その使い方は、ミイラにする人の臓器を納めておく壺なのだそうです・・・
南の空の低いところに見えるこの星は、中国でもなかなかみることができないため、「南極老人星」という名前で呼ばれ見ると長生きできるという縁起の良い星とされています。星空リビングでも毎年話題にはなりますが、なかなかみることができないこの星。また見頃を迎えています・・・。
今ごろなら、夜7時半くらいからの星はじめ9時くらいに南中、10時半くらいには沈んでしまいます。
b0363818_8115777.jpg

場所としては、南が水平線とか、あるいは山の上とか高いビルからとかがいいでしょうね。
このあたりだと、逗子マリーナの南東の角っこあたり!いいんじゃないかと思いましたよ!!!あとは、由比ガ浜の海岸は海が南向きですね。湘南国際村の山の上もいいかもしれませんね!
良い場所を見つけたら、宙ガールたちと見に行こうと思います。
この星の和名は、いろいろあって
布良星(メラボシ)(鹿島灘・東京湾から遠州灘一帯)、讃岐ノオウチャクボシ(岡山)、土佐ノオウチャクボシ(香川)、鳴門星・ザブザブボシ(兵庫)、紀州のみかん星・みかん星(本島(ほんじま)・女木島(めぎしま)・兵庫)
チョットしか顔をだなさいので、横着とかね・・・言われてます。

<2月の星座とワインの会>
2月18日(土) 17時半から「おひつじ座とおうし座」 (北鎌倉・たからの庭にて)


川柳:水平線 ひくいあかいな カノープス
[PR]
by sb-see | 2017-02-05 08:15 | 星空リビング | Comments(0)