湘南ビーチFMが土曜日のサンセットタイムにお届けします


by sb-see

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
星空リビング
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月

フォロー中のブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

1年間ありがとうございました!
at 2017-03-27 10:29
3月18日土曜日 妖精の日!..
at 2017-03-21 14:41
【2017年3月18日(土曜..
at 2017-03-18 23:45
【2017年3月11日(土曜..
at 2017-03-14 10:55
2017年3月4日
at 2017-03-07 19:55

外部リンク

画像一覧

【2016年12月10日(土曜日)「カノープス」】

宙の学校校長 プラネタリウム・プランナーのかわいじゅんこです。

今日は石垣島から!


今、逗子葉山あたりでは、夜中の1時くらいに南の空のすごく低いところに、カノープスというりゅうこつ座の1等星が見えています。
竜骨(りゅうこつ)というのはなにかというと、船の背骨というか骨組みのことをいいます。この辺りにはアルゴー船という船の星座がありましたが、大きすぎるので4つにわかれました。ほ座、とも座、らしんばん座、そしてりゅうこつ座です。赤く輝くこの星は、南極老人星とも呼ばれ、なかなか見ることができないので見ると長生きできるとも言われていました。全天で2番目に明るい星で、シリウスの次に明るい星。カノープスは赤く見えますが、これは、夕方の太陽が赤く見えるのと同じ原理で、低いところにあると大気の層の厚みがあるので長い波長の赤い光が目に入るからなのです。実際、逗子あたりだとせいぜい2,3度のところに見えるのですが、石垣島に来ると12,3度の高さになり、見やすく赤くありません。とても低くて、雲や山や町の明かりに邪魔をされてなかなかみることができないのですが、ぜひチャレンジしてみてください。
b0363818_10521335.jpg

石垣島では、アケルナルという南の方に来ないと見られない1等星が見えていますが、時間によってはカノープスと一緒に見えます。
夜9時頃に南中するアケルナルですが、23時くらいにこのアケルナルの高さで左つまり東に目線を移動させると、もう一つ明るい星、カノープスにぶつかります。
石垣にいる間に、この二つの星を見たいなあと思っています。
もっと言うと、朝の6時こちらはまだ暗いのですが、南の空の低いところに南十字が見えてきます。
こちらも早起きをして見てみたいものです。

そして、いよいよ今度の水曜日、12月14日はふたご座流星群の極大日です。
ただし、満月の夜なので条件としてはよくありません。でもでもそんなこときでもたくさんの流れ星を見せてくれるのが、ふたご座流星群だと思っています。
(第一候補)12月13日日没後~14日日の出(日本時)
(第二候補)12月14日日没後~15日日の出(日本時)

流れ星を見るコツは、空の広くて暗いところにできるだけ長い時間ねっころがって、ぼんやりを視野を広く空を眺めること。
このとき、目に街灯や月などの光が目に入らないようにする。
ですよ!

川柳:寝ころんで ぼんやりさがす 流れ星
[PR]
by sb-see | 2016-12-11 10:53 | 星空リビング