湘南ビーチFMが土曜日のサンセットタイムにお届けします


by sb-see

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
星空リビング
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月

フォロー中のブログ

メモ帳

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

1年間ありがとうございました!
at 2017-03-27 10:29
3月18日土曜日 妖精の日!..
at 2017-03-21 14:41
【2017年3月18日(土曜..
at 2017-03-18 23:45
【2017年3月11日(土曜..
at 2017-03-14 10:55
2017年3月4日
at 2017-03-07 19:55

外部リンク

画像一覧

【2016年10月1日(土曜日) 「ペガスス誕生」】


宙の学校校長、プラネタリウム・プランナーのかわいじゅんこです!

10月です!石垣からの放送も今日が最後です。あっという間の3か月間でした。

夜空もすっかり秋になりました。

秋といえば、秋の四辺形ですね。

ペガススの四辺形とも言われる天馬の胴体ですが、これを見つけるといろいろと星が探せることはお話しましたね。おさらいすると、右の縦の辺を下に伸ばすと、秋の一つ星の「フォーマルハウト」。みなみのうお座を1等星。左のたての辺を下に伸ばして見つかる星は、デネブカイトス。くじら座のしっぽの星。2等星。

フォーマルハウトとペガススの四辺形の間に小さな三ツ矢のマークを見つけたら、そこはみずがめ座の水がめの口。四辺形の左上の星から東に向けて細長いアルファベットの「A」をみつけたら、それはアンドロメダ。

そんな、目印のペガススのお話をしましょう。

ペガススといえば、エチオピア王家の物語で、ペルセウス王子が乗ってきて、アンドロメダ姫を助けたという下りで登場しますよね?

そのペガススの誕生はいかに???

アンドロメダを助けたペルセウスは、もともと、何をしていたのか?それは、恐ろしい魔女メデューサを退治することだったのです。ペルセウスの誕生には、またまたゼウスが絡んでいます。

アルゴス国の王、アクリシオスには美しい娘ダナエがいました。ある日、王は「お前は、自分の娘の産んだ子どもに滅ぼされる」と神託を受けます。驚いた王は、どうしたらいいのか悩みましたが、娘に子どもを産ませなければいいと、塔に閉じ込めてしまいました。しかし、その美しさは天まで届き、ゼウスの知るところとなります。そして、ゼウスは自分の思いを遂げるために、黄金の雨となってダナエに降り注いだのです。ほどなくダナエは妊娠します。驚いた王は、今度は娘と生まればかりの孫を箱に入れて海に流してしまいます。

ふたりは、セリポス島にたどり着き、島の人々の助けを受けて、ペルセウスも立派に成長していきました。

そんな時、セリポスの王様がダナエを好きになり自分ノものにしようとするが、息子が邪魔でどうしようと考えていた。そんなとき、王様主催の宴会に呼ばれ、いってはみたものの、何も手土産がなく恥ずかしい思いをしてしまいます。するとペルセウスは「私の土産は、メデューサの首さ!」と言ってしまいます。そこから冒険が始まります。

とうとう、メデューサの首を切り落としたとき、飛び散った血が岩に当たりそこか天馬ペガススが誕生しました!魔女の血から誕生したんですね。

b0363818_14535903.jpg

川柳:天高く 天馬の翼 秋の風



[PR]
by sb-see | 2016-10-07 14:55 | 星空リビング