湘南ビーチFMが土曜日のサンセットタイムにお届けします


by sb-see

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
星空リビング
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

検索

ブログパーツ

最新の記事

1年間ありがとうございました!
at 2017-03-27 10:29
3月18日土曜日 妖精の日!..
at 2017-03-21 14:41
【2017年3月18日(土曜..
at 2017-03-18 23:45
【2017年3月11日(土曜..
at 2017-03-14 10:55
2017年3月4日
at 2017-03-07 19:55

外部リンク

画像一覧

【2016年4月30日(土曜日) 「星の光」】

宙の学校校長 プラネタリウム・プランナーのかわいじゅんこです。

ゴールデンウィークが始まりましたね!

私も毎日いろいろやらせていただいています。

昨日は、葉山のクブスーリアさんで、「宙と本」を久々に開催しました。天気が持ってくれたので、日没前に浜に行って、ピクニック!チョット風があってさむかったけど、温かい飲み物とお菓子をいただいて、素晴らしい夕景を楽しみました。

雲の隙間からこぼれる太陽の光がまっすぐに伸びて、遠くの山々の連なりがグラデーションになって重なり合って・・・、思いのほか浜辺で長居をしてしまいました。

そのあと、クブスーリアに戻ってお話をしていたのですが、その時に朱穂さんがお手伝いに来てくれて、話の内容に食いついてくれました!()

それは、私たちが星を見上げるとき、それは、過去の光を見ている、ということ。

光は、自然界の中で一番速いものです。

その光の速さを使った距離の単位が「光年」です。

光の速さは、1秒間に地球を焼く7周半するすごいスピード。数字にすると、光の秒速は299793kmとしています。

その速さで、1年間に進む距離は?365かければいいのですが、もう、桁がわからない・・・。

ということで、1光年という単位があるのです。

宇宙はひろくて、光が進むにも時間がかかります。

たとえば、星座を作る星・恒星の中で一番地球に近い星は、ケンタウルス座のα星で4.3光年。つまりケンタウルス座のα星を見たら、その光は、今から4.3年前にその星を出発した光なのです。つまり過去の光を見ているということですよね?

冬に輝く1等星の中が一番明るいシリウスは、8.7光年。北極星は430光年。これから見頃を迎えるさそり座の1等星アンタレスは、620光年、すばるは440年、オリオン座の三ツ星の下にある小三ツ星の真ん中、オリオン星雲は1500光年、お隣にあるアンドロメダ銀河は254万光年、もっと遠くの銀河団などになると億単位!

では、近いところでは?

今、一晩中良く見えている木星が、35分くらいで、土星までが79分、太陽は819秒くらいです。

月は1.3秒。そうなると、目の前の誰かさんもチョット前の姿、ということになりますね。なんか不思議。

自分と同じ年齢だけ離れている星を見上げたら、自分が生まれた時にその星を出発した光を見ているということになるのですよ。ぜひ、探してみてくださいね!

ペガスス座51番星という太陽に似ている星は私が生まれたころに放った光を今見せてくれています。

川柳:今見える 過去の光が 宇宙かな



[PR]
by sb-see | 2016-05-04 05:13 | 星空リビング | Comments(0)